スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
な、懐かしの...
休日、家の掃除をしながらダラ〜っとWebサーフィンしてたらこんな記事を見つけた。

な、懐かしのX68000...の筐体。
高校生の頃の憧れのマシンだったX68000。

あの時代では超先進的なデザイン、斬新すぎたOS。
ゲームセンターでしかプレイできないゲームがあのマシンで再現できたし、最新プログラミングの勉強もできた。
それが今、よみがえろうとしている...ただし外見だけ。
中は今どきのWindows仕様。

でも、欲しいなぁ。

ProjectM、X68000デザインのPCケースが一般公開へ

X68000っなんぞや?とお思いの輩はこちらを参照されたし。
X68000は死なず? ~20年の時を超えて筐体復刻の動き~
スポンサーサイト
ふと気がつくと
あ、今日はAppleWatchの発売日だ。
GWあたりはこれをつけた人達が街を歩くんですね。(さりげなく自慢ってか)
まぁ私は予約しなかったし、買えないし、悔しいし…

あ、そういえば今日は会社の健康診断だ。
また血を抜かれて機械の上でぐるぐるされるのか…(健康維持のための地獄絵図)
(^_^;)
ま、また水が...
今朝は自宅前で水道管の水漏れがあり、工事のため午前中は車が出せず外出が制限されたり水道が使えなかったりとちょっと不便の状態に。
そういえば、少し前にも2回ほど同じことがあったような...一体何回道路ほちくり返せばいいのじゃ。
あっ水が使えないということは水分補給どうすれば。
そうだ、あれを飲もう。

お水

休日なのに忙しい
足を負傷してこの休日は自宅でじっとしているのはいいとして、
BSでは「あまちゃん」、TBSでは「仁」の連続再放送をしているので結構観るのに忙しかったりする...
もう感覚が麻痺しそうです。
8TBで3万3990円だとー!!!
昔、100MBを11万円で(清水の舞台から飛び降りる覚悟で)購入したことを思うともうバカ安で感覚が麻痺しそうです。
しかし、1台8TBで何を保存するのやら...

8TBで3万3990円のHDDが販売
従来の時計とは同列で見ていけない
いよいよAppleWatchが予約開始され、店頭で実機を触ってみた方もいるかと思います。
私は今週末事情で動けないので触れませんが、皆様からのファーストインプレッション報告をチェックしてみての感想をズラズラ述べたいと思います。

まだ目前で見ていないのですが、PC画面や雑誌面を通してもこの製品の出来の良さがにじみ出ています。
高級時計のような精巧な作りでありながらゴテゴテしてないAppleらしいデザイン。

形や名称がWatchなのでどうしても腕時計と比較されがちである。大きさやデザインは頑張っていますが、バッテリーが1〜2日もつかどうか…時計としての使い勝手にはまだ劣る部分はあります。
バッテリー駆動は今後(消費電力等)性能向上により腕時計に近くなる日がくるかと思いますが、そもそもAppleWatchは時計と同列で比較してはいけないような気がします。

腕時計は時間を確認するツールであり基本的に画面を見るのみ(受動的)ですが、AppleWatchは通知された情報を確認したり場合によっては返答したり(受動/能動的)するツールです。
ただ、その通知方法は画面表示やアラームだけでなく、腕を優しくトントン叩いたり声に反応したりとiPhoneを通して情報をやりとりするためのUXがかなり考え抜かれた感があります。
この部分はそれまで他社が出している腕時計型デバイスとは1日(いや数年かも)の長があると思います。

AppleWatchはあくまでiPhoneのインターフェースをより人間寄りに持ってきた製品、腕時計とは形が似ていますが棲み分けができると思います。
かつてiPhone出現で従来の携帯電話がなくなったかといえば、携帯の形や使い勝手が好みでまだ需要があるように。

「腕時計を再び想像する」その言葉を体現できるモノがこのAppleWatchなのかもしれない…
ついにこんな小さな...
技術の進歩とは言いますが、ついにここまでPCが小さくなるとは...
フリスクサイズのPC。

マウスコンピューター「m-Stick」
最近のネズミは...
最近、人から頼まれてPCを見繕ったのですが、ノートPCなのでマウスをオプション追加したのです。



で、そのマウスを試してみたら結構使い易くて無線でケーブルの取り回しがいらないし、電池は9ヶ月はもつ(らしい)し、手になじむ形だし…



なので、自分も欲しくなってしまった。
(でもさきだつものが)

教授、頑張れ!
先月、坂本龍一(以下、教授と称す)さんのCDを買いました。

実はこの作品、30年前に発表されたのですが当時はレコード版だったので今回はそのCD版になります。

高校生の頃にひょんな流れから手にし、その感性豊かな音楽に驚いたものです。あれから月日が流れ、教授がガン治療に専念することを知り、今再びこの作品を聴きたいと思っていました。しかしレコードはあるのにプレイヤーがないので聴けず、意気消沈していたら丁度いいタイミングで本作の完全リマスターCDがでる噂を耳にし手に入れたという訳です。

この「音楽図鑑」というタイトルからもポップやジャズ、さらに民族音楽など様々なジャンルのエッセンスを教授の巧みな作曲術で完成させた至極の1枚で、私もこれをきっかけにいろんなジャンルの音楽を聴きだしたことから、まさしく音楽図鑑の名の通りだと思います。

さて、このCD版をジックリ拝聴しましたが、マスター音源から再度作り直しされたため、レコード版では聴き取れなかった音があり新たな発見に嬉しくなりました。

機会があれば、皆さんにも一度は聴いて欲しい作品です。

音楽図鑑ジャケット

Amazonから購入できます
早朝のさくら
今朝通勤途中で近くの神社に立ち寄り、満開になった桜を楽しみました。

早朝で周囲には誰もいないので、独り占め気分のお花見。
ただ、急いでいるのと仕事があるのでお酒が飲めないのがツライですが…。

去りぎわ、ひらり桜の花びらが私の肩に触れました。ふりかえると桜が「また来年会いましょう」と語りかけているように見えました。

…また来年ね。


今日も元気にいきましょう。
(^_-)
copyright © 2017 いもむしの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。