スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従来の時計とは同列で見ていけない
いよいよAppleWatchが予約開始され、店頭で実機を触ってみた方もいるかと思います。
私は今週末事情で動けないので触れませんが、皆様からのファーストインプレッション報告をチェックしてみての感想をズラズラ述べたいと思います。

まだ目前で見ていないのですが、PC画面や雑誌面を通してもこの製品の出来の良さがにじみ出ています。
高級時計のような精巧な作りでありながらゴテゴテしてないAppleらしいデザイン。

形や名称がWatchなのでどうしても腕時計と比較されがちである。大きさやデザインは頑張っていますが、バッテリーが1〜2日もつかどうか…時計としての使い勝手にはまだ劣る部分はあります。
バッテリー駆動は今後(消費電力等)性能向上により腕時計に近くなる日がくるかと思いますが、そもそもAppleWatchは時計と同列で比較してはいけないような気がします。

腕時計は時間を確認するツールであり基本的に画面を見るのみ(受動的)ですが、AppleWatchは通知された情報を確認したり場合によっては返答したり(受動/能動的)するツールです。
ただ、その通知方法は画面表示やアラームだけでなく、腕を優しくトントン叩いたり声に反応したりとiPhoneを通して情報をやりとりするためのUXがかなり考え抜かれた感があります。
この部分はそれまで他社が出している腕時計型デバイスとは1日(いや数年かも)の長があると思います。

AppleWatchはあくまでiPhoneのインターフェースをより人間寄りに持ってきた製品、腕時計とは形が似ていますが棲み分けができると思います。
かつてiPhone出現で従来の携帯電話がなくなったかといえば、携帯の形や使い勝手が好みでまだ需要があるように。

「腕時計を再び想像する」その言葉を体現できるモノがこのAppleWatchなのかもしれない…
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 いもむしの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。