スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望のご対面
連休の間に銀座のAppleストアへいってきました。
お目当は当然、AppleWatchとMacBook。
やはりGWとあってお店の中は人だらけ、でも割と展示品を触れるタイミングがあり早速いじってみました。

◯AppleWatch
 装着体験は悩みましたが、そこまではいいかなぁということで展示品を見て触ってみました。
 素材の違いは明確ですが、どれも雑誌で見るより実物は高級感がありました。
 でも、個人的にはEditionの金ぴか具合がちょっとどうかなと思いました。
 まぁ私はせいぜいSports止まりですから、いいですけど。
 で、肝心の操作感ですが画面の切り替えなどは割とスムーズでした。
 ただし、展示品はiPhoneとつながっていないのかアプリケーションの切り替えがききませんでした。
 画面の表示具合やアニメーションなどはiOSなどでもう慣れているせいかとびきりすごい印象は無く、
 この普通に使えそうという感覚を持たせるのはAppleの真骨頂でもあるのでしょう。
 実物をみての所感は思っていたよりデジタルデバイスっぽくなく、かといって腕時計とも違うような感じがします。
 やはり時間をかけて開発しただけはありますね。
 最初のWatchとしては中々良いですが、個人的には2ndバージョンを待ちます。

◯MacBook
 私的にはこちらが実際触ってみたかったほうで、第一印象は「パランスいい作り込み」でしょうか。
 でも、すでにMacBook Air 11inchを所有している身としては薄くて軽〜いって感じはあまりしませんでした。
 画面はRetinaだけあってすこぶる綺麗で、老眼に入り始めている私の目にもすんなり受け入れられます。
 性能は展示品では評価し得ないので、まぁ雑誌等のデータを参照するしかないようです。
 ポートが1つだけで電源供給につながっていましたが、やはりそれまでのマグセーフが良かったかもとまだ思っています。
 あと、キーボードはAirより大きめでデスクトップPCを使用している人には違和感ないかもしれません。
 ただ、Airを使っている自分には大きすぎる感があり、またストロークもかろうじて押した感が得られる程度なので
 慣れが必要でしょう。
 このマシンで私が非常に関心したのはトラックパッドの感圧タッチ機能です。
 従来スイッチでクリックを判断していたのをスイッチなしで実現しています。
 実際、押してみるとカチッと音と指で感じ取ることができました。
 本当に裏にスイッチがあるようで、この騙され具合に思わず「にやっ」としてしまいました。
 これだけでもMacBookを購入してもいいかもって思う具合出来がいいです。

とまぁ簡単ですが、新製品を触った感想です。
どれも最初にしては非常に完成度が高く、買って損はない(かも)と思います。
色んなメディアで取り上げていますが、もし機会があれば是非実物をみて触ってみることをお勧めします。

AppleWatch

MacBook
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 いもむしの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。