スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Appleの立ち位置がわかる情報
iTmediaさんの記事にて。

最新のMac製品からBootCampによるWindows7起動をサポートから外すようです。
MacでOSXとWindows両使いされている方には気になる情報ですが、AppleはOSXもそうですが、他社製OSもなるべく古いバージョンは排除する姿勢をとっていますね。

OSXの場合はユーザーがMacを更新してUSB-Cなど最新技術の早期普及に努め、ハードが売れることによりAppleの懐も潤う...更にその売り上げ資金から最新OSを無料で提供できるという相乗効果が生まれるのですね。

Windowsはそれとは事情が少し違うようですが、Microsoftも新たなOSを購入して欲しいのは事実ですし。
でも、サポートが続いている限り同じOSを使い続けたいのはユーザー側の心理でもあるので、そんな方にはParallels Desktopがいいかもしれません。

かくいう私もParallels Desktopを使ってますが、互いのOSをいちいち再起動する必要がなく動作も割とキビキビしているので重宝しています。唯一の弱点といえば両OSを起動するためにリソース(メモリ)を大量に使用することですかね。だから、私は所有のMacBook Airを購入する際には初めから8GBにしました。

ちょっと余談が過ぎましたが、今回の判断からもAppleのMacや各種OSをこれからどうするかという立ち位置(振る舞い)の一端を知る鍵になりそうです。

MacBookシリーズ新モデルは「Boot Camp」で「Windows 7」をサポートせず
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 いもむしの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。